April 1, 2016

トランプは、あのヒトラーと同じタイミングで現れた!

米大統領選が中盤を迎えても依然衰えないドナルド・トランプ旋風。
歯に衣着せぬ発言が、一部の庶民に熱烈に歓迎されているようです。

Donald John Trump

こういう無知な底辺の人達は、自分の給料は政府が上げてくれると考えがちで、景気が悪くなったり格差が広がって自分の生活が苦しくなってきても努力もせず、既成概念を破壊して現状を打破してくれる新たなヒーローを求めたがる傾向があるのではないかと思います。

その為、疑う事も知らず、何も考えずに口先だけのバラ色の政策に扇動されてしまうのでしょう。

日本も格差社会になりつつある、なんて言われるようになりましたが、格差社会の本家アメリカの格差は日本の比ではありません。

我が日本でもタレント議員などに投票するリテラシーの低い人達が大勢いる事を考えると、トランプの悪態を「アメリカを変えてくれる救世主」と思いこんでしまうアメリカ人が相当数出てくるのもうなずけます。


僕は歴史はあまり詳しくないですが、いつの時代も世界の景気が悪い状態が続くとこのような傾向が強くなるように思います。

あのヒトラーは、1929年の世界恐慌から4年が経過した1933年に、現状打破を願う人たちの支持を得てドイツの首相になりました。そして、その6年後の1939年には第二次世界大戦が始まりました。

今年は、その世界恐慌以来の大不況と言われた2008年のリーマンショックから8年目。そろそろ不景気や格差に耐え切れなくなった人達が、次の救世主に救いを求めてもおかしくありません。

その先に待っているストーリーはナチスドイツとは違う事を願いますが、100%無いとは言い切れないのがトランプの怖いところだと思います。

戦争は一番手っ取り早い財政政策でしょうし、操りやすい人達が支持層であることを考えると、民意がいとも簡単に戦争へ向けられてしまう事もありえそうです。

「歴史は繰り返す」とならなければ良いですが…。


No comments:

Post a Comment