January 1, 2016

コンラッド東京「コーナーベイビュースイート」に泊まってみた

年末に、コンラッド東京のコーナーベイビュースイートルームに泊まってみました。

Conrad Tokyo
Corner Bay View Suite Room

全部で85m2の部屋で、メインのリビングルームはこんな感じです。

うまく撮れませんでしたが、実際は手前にクローゼットやトイレ、ビジネスデスクまであり、画像よりも奥行きがかなりあって広々しています。

ウィンドウからは、眼下の浜離宮庭園やその先に広がる東京湾・レインボーブリッジを一望できるほか、遠くには東京ゲートブリッジや羽田から離着陸する飛行機も見えます。


部屋からの眺望を撮り忘れたので、
貰ったポストカードの画像です(笑)

実際の眺めもこのアングルで、もう少し左右が見渡せます。

左に行くとベッドルームがあります。

ベッドルーム。
キングベッド 183×203cm 
左手前にクローゼットがあり、右手前にはベッドルーム用のテレビ(50インチくらい)があります。
メインルーム同様、右側一面はウィンドウになっていて、寝ながら東京湾の景色が見られます。

その奥がバスルーム。

バスルーム

バスタブの手前にはシャワーとテレビがあります。奥のガラス張りの部分はシャワーブースかと思いきや、またしてもトイレ。右側には洗面台が2つあります。
洗面台の大きな鏡の後ろは一面ウィンドウになっていて、入浴中も景色が楽しめるようになっています。



ディナーはウルフギャングを予約していたので、ホテルでは食べませんでした。数時間空けて部屋に戻ると、バスルームにはバスローブなどが出されていて、就寝の準備が整っていました。ベッドも再びベッドメイクされていて、枕元にはかわいいぬいぐるみが置かれていました。

コンラッド東京10周年記念の
ぬいぐるみ

ウルフギャングでステーキを食べ過ぎたので、翌朝、29階にあるプールに行きました。

29階 Mizuki Spa and Fitness内のプール

宿泊者しか利用できないからか、途中から外国人が2人来ただけでほぼ貸し切りでした。
プールサイドにはデッキチェアに加え、包み込むような円形ソファーのカップルシートもありますので、高さ6mの大きな窓から汐留の景色を眺めつつ、開放的なひと時を過ごすことができます。

ジャグジーやサウナもあります。

15時のレイトチェックアウトをお願いしていたので(通常は12時アウト)、プールで空いたお腹を満たし、チェックアウトまでゆったりと過ごすことが出来ました。

FIFAがクラブワールドカップの大会運営本部として宿泊フロアを1フロア全て貸切っていたようで、ロビーは外国人で賑わって多少ガヤガヤしていましたが、滞在中随所に細かい気配りを感じ取ることができ、なかなか快適な滞在でした。

唯一の不満は、名前の通り角部屋なので、どこへ行くにも廊下が長いことくらいです(笑)


また機会があればぜひ行きたい、そう思える滞在でした。
美味しそうなお店がいくつかあったので、次回はディナーもホテル内で食べてみようと思います。


来月は、リッツカールトン東京の予約が取れたので、綺麗な写真が取れたらまた書きたいと思います。


2016年2月19日追記:
リッツカールトンに泊まって来ましたので記事にしました。
リッツカールトン東京に泊まってみた!コンラッドと比べると…。



No comments:

Post a Comment