August 16, 2014

摂氏・華氏 換算方法の簡単な覚え方 その2

摂氏華氏換算は、以前の記事に書いた「ローマへ行こう」という語呂合わせが覚えやすいと思いますが(その時の記事はこちら)、先日アメリカ人からもう一つ簡単で便利な換算方法を教えてもらいました。


     °C =(°F - 30)÷ 2

        °F = 華氏、ファーレンハイト(アメリカ、イギリスなどで使用)
        °C = 摂氏、セルシウス(日本などで使用)


つまり、「30引いて、2で割る」だけです。これだけで使い慣れた摂氏に換算できてしまいます。

        0°F  = -15°C
      10°F  = -10°C
      20°F  =   -5°C
      30°F  =    0°C
      40°F  =    5°C
      50°F  =  10°C
      60°F  =  15°C
      70°F  =  20°C
      80°F  =  25°C
      90°F  =  30°C
    100°F  =  35°C

本来の換算式 °C =(5 ÷ 9)x(°F - 32) で計算すると、0°Fは-17.8°C、100°Fは37.8°Cなので若干の誤差は出ますが、これだけ簡単な式で1、2 °Cしか誤差がないのが驚きです。

「ローマへ行こう」で換算した場合と全く同じ結果になりますので、覚えやすい方で覚えると良いと思います。








No comments:

Post a Comment