June 27, 2014

日本のサポーターはサッカー発展途上国丸出しで恥ずかしい

ブラジルワールドカップ。
残念ながら日本はグループリーグ敗退。

このトロフィーを日本に持ち帰る日は来るのか…。
まだまだ世界とは力の差がある事を改めて証明されてしまいましたが、選手の能力がレベルアップしているのは間違いないと思います。
一方、サポーターのレベルは一向に上がらず、選手の進歩に追いついていない感じがします。

いつも日本代表戦、特にホームの試合を観ていて思うのですが、チャンスでもないのにペナルティエリアに近づいただけで大歓声が上がるのは日本くらいです。未熟さを自ら露呈してしまっていて恥ずかしくなってしまいます。

その他にも、
 - ヒールパスやスルーなどの小技が出たら、相手を崩せてなくても大歓声。
 - オフサイドすら分からないけど、選手がカッコいいから応援する。
 - 眠くて試合は半分も見てないけど、日本代表が帰国したら空港で出待ちする。
 - 日本は負けたけど、渋谷でとりあえず騒ぐ。
 - 日本以外では、メッシとネイマールしか知らない。
 - 唯一知ってるその2人ですら、どこのクラブチームに所属しているのか知らない。
などなど。

にわかファンがまだまだ多いんだなと実感させられます。

そんな大衆に迎合して低レベルな報道しかしないメディアもレベルアップの妨げになっていると思います。 「ゴミ拾いしている日本のサポーターに世界から賛辞」などと言っている場合ではありません。


コロンビア戦後、グループリーグ敗退が決定した際、長谷部はこう言っていました。

「サッカーは世界の強豪国では文化として根付き、負ければ厳しい批判に遭う。国民の皆さん、メディアの皆さんには、もっと厳しい目でみてもらいたい。」

「どう応援しようと個人の自由だろ」という声も聞こえてきそうですが、長谷部のこのコメントはそういう国民の風潮に苦言を呈しているようにも聞こえました。





No comments:

Post a Comment