September 21, 2013

それでもiPhoneを買う理由、を敢えて探してみる

iPhone 5S、5Cが発売され、ついにdocomoも参入。

何かと賑わっていますが、あの小さい液晶は手が大きい僕には使いにくいし目も疲れるので、あれで満足できる人の理由がいまいち分かりません。

ディスプレイ以外の縁の部分が大きすぎて数年前のスマホに見えてしまいます。
美的センスのある人にはバランスが良いように見えるのか…。

発売を喜んでいる知り合いが何人か居たので、「どうしてiPhoneにしたいの?」と聞いてみました。

答えは、「今もiPhoneだから」、「やっとdocomoから出たから」、「他より優れている気がするから」でした。

最初の2つは分からないでもないです。すでに使っていてあれでも支障は無いというのであればその人に合っているのでしょうし、docomoを使わないといけない事情がある人も居るでしょう。

3つ目の回答は…、ただただ不思議です(笑)
比較して一番良いものを買いたい僕としてはいまいち理解できません。

どれも納得させられるには至らず、結局「それでもiPhoneを買う理由」は見つかりませんでした。

僕は決してAppleが嫌いな訳ではありません。その昔iPodやiPod Touchは発売日に買っていましたし、iPhoneも当初は最高のガジェットだと思っていました。ただ、今となってはアドバンテージが消えてしまったように思います。

それでもこれだけの人気を誇るところを見ると、ブランドイメージというものの影響力を改めて考えさせられました。


No comments:

Post a Comment