September 26, 2011

Google Wallet 開始でEdy、Suica、PASMOなど全滅!?

Google版おサイフケータイ、Google Walletが米国でスタートしました。
端末にGoogle Walletのアプリをインストールし、CitiのMasterCardで決済するそうです。今後VisaやAmerican Express、Discoverにも対応予定で、急速に普及しそうです。

Googleの「ユーザーにオープンなイメージを与えてユーザー主導と思わせておき、いつの間にかGoogleが囲い込んでいる」という手法は、AppleがiTunes Store等で取った手法と同じで、非常に巧みな手段だと思います。

多少えげつなく映るので正攻法を美徳とする日本では賛否両論ありそうですが、正攻法にこだわり続けた結果、完膚なきまでに叩きのめされて失敗続きのSonyなどを見ると、これが世界の趨勢なのかなと思ってしまいます。

Edy、Suica、PASMO、WAON、nanacoなども、互換性を持たせて相互利用できるようにすれば使い勝手は格段に上がるはずですが、(Googleと違い愚直な)利用者の囲い込みに必死で利便性など二の次にされています。

これはおサイフケータイに限らず、日本ビジネス全体に言えることだと思います。
1億人しかいない国内のユーザーを奪い合っている間に、後発の海外企業にグローバルスタンダードを確立されてしまい、その結果ガラパゴス化して衰退する、という事の繰り返しです。

過去の栄光にとらわれて大きく方向転換出来ない大企業が多いですが、団塊の世代の退職で、その栄光にしがみつく人達が少なくなる今こそが転換のチャンスだと思います。

これが出来なければ日本企業が淘汰される日も遠くないかもしれません。

おごれる者は久しからず。「おごれる者」は日本企業か、Googleか。





No comments:

Post a Comment