September 18, 2011

マウスに代わる入力デバイス「Bamboo Fun」。ビジネスにも最適!

WACOM(ワコム)のBamboo Fun(バンブー・ファン)というペンタブレットを購入しました。

本来は手書き入力や絵描きに使うものですが、僕はマウスの使い過ぎで人差し指と中指に頻繁に痛みが出るようになったので(パソコン指腱鞘炎)、普段使い用(ビジネス用)のマウスに代わる入力デバイスとして買ってみました。

チュートリアルのDVD付で初心者も安心です。

大学ノートほどの厚さなので文字入力時の疲れや
手首の違和感もありません。

ペン入力と指でのタッチ入力の両方に対応しており、動作もかなりスムーズです。
基本的にマウスで出来ることは全て可能です。

例えばタッチ入力の場合は、
  指1本でカーソル移動やクリック、ダブルクリック、
  指2本で上下スクロール、ピンチによるズーム・回転、
  指3本で画面を戻る・進む、
  指4本でデスクトップの表示、画面の切り替え、
と通常のマウスの機能が全てカバーされています。

さらに入力部の左側にはボタンが4つ付いており、ここに様々な機能を割り当てることが出来るので、結果としてマウスより出来ることは多いです。

その上、OutlookメールやWord、Excel、Power Point、PDFファイルに直接手書きで文字を書く事も出来るので、メールに手書きでサインが出来たり、ちょっとした一言をメモしたりとビジネスでの使い勝手もなかなかです。
使い方も簡単で、例えばMicrosoft Officeソフトの場合は、メニューバーから「インクの開始」ボタンを押すだけです。

絵心など全くない僕は、この怪我が無ければ、Bamboo Funに出会う事は無かったでしょう。まさに怪我の功名です。


 
ちなみにBamboo FunとBamboo Comicの2種類があり、それぞれにS、Mの2サイズがあります。色もそれぞれシルバーとホワイトの2種類があります。FunとComicの違いは、付属ソフトです。FunにはAdobe Photoshop Elementsをはじめとしたソフトが、Comicにはマンガや絵描きに最適な各種ソフトが付属しています。




No comments:

Post a Comment