June 6, 2011

海外メディアにまで馬鹿にされ、批判される日本の政争の酷さ

菅内閣に対する不信任決議案は反対多数で否決されたようですが、どうも釈然としません。いつまでも続く政争を「またいつもの国民不在の茶番劇か」と呆れながらも簡単に見過ごしてしまっている自分が怖いです。


「菅さんは素晴らしい総理だ」とは百歩、いや百万歩譲っても言えませんが、だからといって、この人を首相にすれば明らかに菅さんを上回るという人物がいないのも残念ながらまた事実だと思います。

つまり、頭だけ挿げ替えてもまた同じことの繰り返し。元々適任でない事が分かっている人達の中から消去法で首相を選び、しばらくすると「やっぱり予想通り不適任だった」という事で次の不適任者へ首相が引き継がれる。もちろん前任者が誤った方向へきった舵を元に戻す能力などあるはずもなく、悪い方へ流されるばかり。この繰り返しをしているにすぎません。

年功序列で老害議員に従わざるを得ない現状を見ていると、例え衆参全議員を総入れ替えしたとしても同じ事の繰り返しにしかならないのが容易に想像出来てしまいます。

ここまで世界中に醜態をさらし続けるくらいなら、恥も外聞も捨て、いっそのこと外国人を日本の首相にする位の事をやった方がまだマシかもしれないとさえ思えてしまいます。

大人の事情があるのでしょうが、政治に対してズバッとモノを言える国内メディアが無いのも一つの要因だと思います。「バカな国民にはどうせ分からないから、このニンジンでも吊るしとけ」とばかりに掲げられた、高校無償化や子供手当などにまんまと焦点を当てて報道するのではなく、政治に無関心な人でもこの酷い現状が分かるように少し視点を変えて報道し、国民一人一人の知識・意識が高まれば、現状からの脱却を求める声も高まる事でしょう。

その点、海外メディアは実にストレートに批判を展開しています。
2011年6月3日のウォールストリート ジャーナルに掲載されたコラム、「日本をダメにする政治サーカス」なんかはまさに良い例だと思います。

一人一人が気付けば、政治家の質も上がり、いつかは日本にもサッチャー元英首相のような、一人で国を変えられる優れた政治家が現れるかもしれませんね。

と、たまには真面目な記事も書いてみました(笑)





No comments:

Post a Comment