February 22, 2011

ロコンドで靴を買ってみて良い点・不満点。 ジャバリとの違いは?

先日記事にした「日本版ザッポス」こと ロコンド(Locondo.jp)で靴を購入してみました。

同じオンライン靴販売サイトであるジャバリ(Javari.jp)ではこれまで何度も靴を購入しましたが、今回は比較のためロコンドで購入してみました。

シンプルなジャバリの梱包と違い、
ダンボール箱にお金をかけていそうなところが
日本企業っぽいです(笑)
注文の翌々日に商品が到着しました。
返品時に使用する返品連絡書と返送用伝票(宛先印字済み)が入っていました。

今回は3足購入してみました。

試し履きの結果、残念ながら今回は買いたい靴が無かったので、返品連絡書へ記入し、全品返品することに。

返品連絡書にいちいち返金先金融機関名、口座番号等を手書きで書かなければならないのが若干面倒に感じましたが、注文 → 商品到着 → 購入and/or返品 → 集荷依頼(送料無料) という一連の流れは基本的にジャバリと同じでした。
ジャバリのように購入時のクレジットカード決済額と返金額を相殺処理してくれるとより便利になるかなと思います。

ロコンドの一番の売りはカスタマーサポートセンターの対応が充実していることですが、僕のようにネット通販に慣れてしまっていると今さら疑問に思う点もなく、今回はカスタマーサポートへは電話しませんでした。

最大の売りの部分を使用していないので単純比較は難しいですが、今回に限っては「ジャバリと同じ」というのが感想です。
ただ「カスタマーサポートを使用せずにジャバリと同等」という事は、裏を返せば「充実したカスタマーサポートがある分だけロコンドが上」とも言えるかもしれません。


関連記事:
日本版ザッポス!日本最大級の靴のオンラインストア「ロコンド」開設!
ザッポスとはどんな会社? Amazonを震撼させた驚異のサービスとは






No comments:

Post a Comment