October 13, 2010

映画「史上最高の3部作」ランキング 歴代1位は?

英エンパイア誌が「史上最高の3部作33」を発表しました。

読者投票で決定したそうです。「4作以上続いているシリーズ中の3本」という作品もランクインしていますが、「物語として3部作と位置づけられるものはカウントした」そうです。

個人的には3部作では「ジェイソン・ボーン 3部作」と「スターウォーズ(Ep 4 - 6)」あたりが好きなので、1位を取れなかったのは少し残念です。

トップ33は以下の通りです。
(シリーズ作品は特に明記がなければ第1作から第3作を指します)

#1.「ロード・オブ・ザ・リング」

#2.「スター・ウォーズ」(エピソード4~6)

#3.「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

#4.「トイ・ストーリー」

#5.「ゴッドファーザー」

#6.「ジェイソン・ボーン3部作」
  (「ボーン・アイデンティティー」ほか)
#7.「インディ・ジョーンズ」

#8.セルジオ・レオーネの「ドル箱3部作」
  (「荒野の用心棒」「夕陽のガンマン」「続・夕陽のガンマン」)
#9.「マトリックス」

#10.「死霊のはらわた」

#11.クシシュトフ・キエシロフスキーの「トリコロール3部作」

#12.「エイリアン」

#13.「パイレーツ・オブ・カリビアン」

#14.「ダイ・ハード」

#15.「スター・ウォーズ」(エピソード1~3)

#16.「スパイダーマン」

#17.「スクリーム」

#18.パク・チャヌクの「復讐3部作」
   (「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」「親切なクムジャさん」)
#19.「裸の銃(ガン)を持つ男」

#20.「X-MEN」

#21.「ターミネーター」

#22.「インファナル・アフェア」

#23.「マッドマックス」

#24.「オースティン・パワーズ」

#25.「飛べないアヒル(マイティ・ダック)」

#26.「ブレイド」

#27.「ミレニアム」

#28.ロバート・ロドリゲスの「デスペラード3部作」
   (「エル・マリアッチ」「デスペラード」「レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード」)
#29.ジョージ・A・ロメロの「ゾンビ3部作」
   (「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」「ゾンビ」「死霊のえじき」)
#30.「ミッション・インポッシブル」

#31.イングマール・ベルイマンの「神の沈黙3部作」
   (「鏡の中にある如く」「冬の光」「沈黙」)
#32.「ハンニバル・レクター3部作」
   (「羊たちの沈黙」「ハンニバル」「レッド・ドラゴン」)
#33.ケビン・スミスの「ジャージー3部作」
   (「クラークス」「モール・ラッツ」「チェイシング・エイミー」)


くしくも、どんなB級映画でも最後まで見る事にしている僕が第1作中盤でギブアップした「ロード・オブ・ザ・リング」が歴代1位という結果になりました(笑)

2作目以降が面白いのでしょうか??解せないのでそう解釈しようと思います(笑)

英エンパイア誌のサイトはこちら(英語)






2 comments:

  1. 懐かしいタイトルも多く並んでいますねぇ。
    「裸の銃を持つ男」が入っていてちょっと驚きました(笑)。あっ、私はコメディ好きなので、嬉しい驚きです。

    ReplyDelete
  2. どんな規模で、どんな年代層に、何の媒体を使って集計したのかによってもまた変わってくるのでしょうが、 新旧まんべんなくランクインしてますよね。

    僕もコメディは好きです。下らなすぎて飽きれ笑いができる位のも好きです(笑)

    ReplyDelete