September 7, 2010

ドコモのSH-01B、液晶損傷で新品と無償交換へ

SH-01Bの液晶パネルの接着が剥がれ、縁がめくれてきてしまっていたので、修理のためにドコモショップへ持って行きました。

提案された案は2つ。

A.  2週間預けて修理してもらい、今の個体を使い続ける。
B.  その場で新品と無償交換。データや設定も全て移行される。

おサイフケータイだけは自分で個別に移行する必要があるが、それ以外は全データ・設定がそのまま移行されるとの事でしたので、迷わずBを選択しました。
「この条件下でAを選択する人なんて居るはず無いのになぜ二択なんだろう?」とその時は思っていたのですが、「携帯本体にデコレーション等をしていて無償交換を望まない人も居るのかも」と後になって気がつきました。


移行できた主なデータ・設定は以下の通りです。

- 電話帳
- 受信メール・送信メール
- 着信履歴・発信履歴
- ショートカット(数字キー長押し)の設定状態
- 写真・動画・着メロ・着うた(有料、著作権保護のあるものも含む)
- 待ち受けの壁紙・着せ替え・ランプ・着信音等の設定
- カメラ内の設定
- iチャネルの設定
- 文字変換の学習状態
- アラーム・スケジュールのデータ、設定状況

つまりホントに全データ・設定です(笑)
データの移行には(データ量によって)30分~1時間位かかりますが、それさえ完了すれば直後から全く元通りの携帯として使えます。

前述の通り、おサイフケータイ内にチャージされているお金だけは自分で移行しないとダメですが、機種変更時と同じ手続きですので2、3分で完了します。
また、Edyでは移行手数料として105円徴収されますが、その分ドコモショップから、携帯の基本使用料と相殺できる500円分のモバイラーズチェックをもらえます。

僕は海外企業と接触する機会が多いので、日本企業の素晴らしい応対はとても新鮮でした。

関連記事:
徹底比較「デジカメと携帯、同じ画素数ならどっちが綺麗?」
ドコモのSH-01Bを買ってみて 良い点・不満点
ドコモのSH-01Bを買ってみて 良い点・不満点 その2





No comments:

Post a Comment