June 18, 2010

「コカ・コーラ」対「ペプシコーラ」。コーラと言えばどっち?

初めに言ってしまうと、僕は「コカ・コーラ」派です。
日本のお店で「コーラ下さい」と言ってペプシコーラが出て来た時はガッカリします(笑)

一方、アメリカで「コーク下さい」と言うと、「うちはペプシしかないけど良いか?」と聞いてくれます。愛想のかけらも感じられない、ストローの口に入れる部分をお金を触った手で触るようなバイトの店員でさえ、「コーク」と「ペプシ」は別物として扱ってくれます。

僕の感覚では、東京では「コーラ」と言えばコカ・コーラで、ペプシの場合は「ペプシコーラ」もしくは「ペプシ」と呼ぶのが慣例になっているように思いますが、そもそもこれが間違いのもとになっているのではないでしょうか?

日本でバイトの店員に「コーク」と言っても通じない事もありますし、「コカ・コーラ下さい」と言うのもめんどくさい。日本コカ・コーラ社はもっと「コーク」という愛称を定着させる努力をして欲しいです。

そうすることによって、「コカ・コーラもペプシも味はほとんど同じじゃん」と思っている人の深層心理にも両者が別物である事が植えつけられるし、一石二鳥だと思うのですが…。

余談ですが、(コカ・コーラ派と言っておきながら)来週6月22日に発売になる「ペプシ ストロングショット」はちょっと気になります。コーヒー缶サイズ(190ml)で強炭酸コーラとカフェインが入っているようです。

↓ Pepsiお得意のCokeとの比較CM。ユーモアたっぷりです!






No comments:

Post a Comment