September 26, 2009

ホリエモンに共感「民主党は高速無料化から勇気ある撤退を」

たまたま見た記事で「比較的自分と考え方が似ているな」と共感したことがきっかけで、最近ホリエモン(堀江貴文 元ライブドア社長)のブログを良く読んでいます。

僕がこのブログでも再三反対してきた、民主党の高速道路無料化政策についての記事が昨日ホリエモンのブログにアップされていたので読んでみると…、

やはりホリエモンも無料化反対派でした。

記事内にリンクが貼られていた 猪瀬直樹の「眼からウロコ」 も読みましたが、いかに世界の趨勢から外れた間違った政策であるかが巧みな文章で書かれており、5ページにわたる記事もあっという間に読み終えました。

お二人にはなんとか反対派の切り込み隊長として頑張って頂きたいです(笑)


確かにホリエモンが起こした事件は悪い事かもしれませんが、役人以外の一般的な感性を持った人なら誰もが少なからず感じていたであろうこの国の腐敗しきった政治や法律の矛盾点を浮き彫りにしてくれたという意味では素晴らしい人だとも思えます。

ブログの記事も鋭い視点から書かれており、頭の回転は相当早そうですので、おそらく僕のような一般人が考える以上に「出る杭は打ち、裏側は見せず、悪しき慣習でだましだまし進んでいこうとする人達」に苛立ちを感じたことでしょう。

彼のような「出る杭」が頭ごなしに打ち砕かれるのではなく、良い方向に自由に伸びていける国になれば、日本人の勤勉さからいけば欧米諸国は足元にも及ばないほどの大国になれると思いますが…。

No comments:

Post a Comment