August 8, 2009

東京(首都高)にも渋滞税!?

高速道路が土日祝日¥1,000均一になってから渋滞が増えて本当に困ります。
このブログにも何度も書いていますが、僕は「少しくらい高くても構わないので空いている」方が良いです。

日本の高速道路料金は世界的に見ても高いと主張する方もいるようですが、日本の場合は山や川が多く建設費用がかさむ上、人件費も高いので、それらを回収する為に料金が高くなるのはある程度はやむを得ないと思っています。

日本ではなぜか無料(割引)化の方向へ話が進んでいますが、世界的に見るとむしろ有料化や課税化で交通量の分散を図る傾向にあるようですし、東京にも渋滞税(混雑税)を設けて交通量の制限をして欲しいものです。

例えばロンドンでは、2003年に渋滞税(Congestion Charge)を導入し、「課金エリアに車で乗り入れる際には1日8ポンドを支払う」事を義務付けた結果、渋滞が30%改善され、交通量も15%減ったそうです。さらにCO2排出量の抑制効果も出ており、地球温暖化防止にまで貢献しています。

他にもストックホルムやシンガポールでも導入されており、ニューヨークでも導入の検討をしているようです。世界的に波及しつつあるところを見ると、東京でも一定の効果があがるように思います。

得られた税収はどうせまたろくでもない事に使われるのでしょうし、反対する気持ちも分からないでもないですが、なんでも初めて税を課す時には反対する人が出るものです。

役所の窓口等で民間企業ではありえない醜い接客がいまだに横行しているのを見ると、例え政権が交代しても、末端の人達の意識が改善されないとこの国は全く良くならないという事を実感させられます。
なので、政治家には正直全く期待していませんが、道路がこれ以上混むのだけは勘弁してほしいです。。

No comments:

Post a Comment