July 25, 2009

リゾナーレでのんびり / 接客は最悪でもコンセプトは抜群!

八ヶ岳・小淵沢 旅行 #1
せっかくVISAのプラチナカードホルダーになったので、プラチナ専用トラベルデスクを利用して、リゾートホテルの代表格、山梨県小淵沢のリゾナーレに泊まって来ました。

リゾナーレの客室タイプは、大きく分けると「ホテル」と「レジデンス」に分かれています。

フロントのある建物の上の階が「ホテル」になっており、その建物から200mほど続いているピーマンストリートと呼ばれる通り沿いに「レジデンス」があります。
ピーマンストリートの建物は3階建てで、1階がSHOPになっていて、2, 3階は「レジデンス」になっています。

今回泊まったのは、レジデンスの「レジデンスルーム3Fメゾネットタイプ」という部屋です。

夏休み中とあって、平日にもかかわらず朝食とイタリア料理のコースディナー付で1泊1部屋(2名で)¥80,000.-でした。

入り口がある3階にはリビング、バス、トイレ、テラスがあり、ロフトを上がるとベッドルームがありました。
大きさは、部屋部分が70m2、テラスが19m2、ロフトが14m2と二人で過ごすには十分な広さでした。


今回は残念ながら天気に恵まれずテラスは使用できませんでしたが、森の木々を見ながらテラスでのんびり出来る造りになっていて、晴れたときに是非もう一度来てみたいなと思いました。

リゾートホテルには結構足を運んでいる方ですが、ここのイタリア料理のコースディナーは美味しかったです!また、ヨーロッパの街並みを思わせるピーマンストリートや、スパのついたプール等、ホテル自体のコンセプトはすばらしく、とても楽しい滞在になりました。
朝食を昼食に振り替える事が出来たり、チェックアウトが12時(インは15時)だったりと、のんびり過ごせるように考えられているのも良かったです。

ただ、テレビがいまだにブラウン管テレビであったり、マイナスイオンが出ないどころか髪が焦げそうになる位の熱風が出るドライヤーだったりと、設備が少し古い感じがしました。

また、フロントの係員3、4人と話をしましたが、全員が客を「もてなす」というよりは「さばく」に近い最悪の態度で、「うちはそういうシステムなんだから従え」という感じでした。
裏を返せばそれだけ人気がある証拠なのでしょうが、同クラスのリゾートホテルの対応と比較すると雲泥の差があります。1泊¥80,000.-というのが妥当と感じるかはこの辺をどう受け止めるか次第だと思います。





No comments:

Post a Comment