May 14, 2009

「ビリヤードの神様」の「神様」たる所以

Efren Reyes vs. Earl Strickland
ビリヤードの試合映像は数え切れないほど見てきたが、一番忘れられないショットがこれ。

「神様」、「マジシャン」の異名を持つフィリピンのエフレン・レイズと
「アメリカのスーパースター」 アール・ストリックランドの一戦。

1995年、サンズ・リージェンシー・オープンの決勝戦という大舞台。13ゲーム先取戦で一進一退の好ゲームが続き、スコアは12-12。 次の1ゲームを取った方が優勝という緊迫の場面。

トラブルを崩しきれず、ストリックランドを陥れようと5番ボールで仕掛けたセーフティーにレイズ自らがかかってしまう。しかもかなり厳しいセーフティー。。
絶体絶命の「神様」が次に出したショットは。。。

「神様」の「神様」たる所以。



ちなみにこれはハタオリ(別名Zクッション)と呼ばれるテクニックです。

この動画を見て「ただの2クッションじゃん。知り合いのA級は3クッション以上させても空クッション当ててるよ」と思った方、まだまだ修行が足りません!!(笑)

その知り合いのA級の方にでも ①この場面で、②このショットを選択し、③ポケットしてなおかつネクストにきちんとポジショニングする 事、がどうしてすごいのか聞いてみてください。(笑)


"Greatest Pool Shot Ever !"

This is the final match of the Sands Regency Open 1995.

The score is 12-12 in a race to 13 for $10,000.
Efren Reyes tries to put a safety on Earl Strickland but it backfires.

What comes next ??

No comments:

Post a Comment