How Far We've Come

April 12, 2014

アリエールの「男脂臭」は性差別!?

家にあった洗濯用洗剤アリエール。パッケージを何気なく見てみると…。

ん!…
 
「男脂臭」…。

そこには、「男脂臭(だんししゅう)」の文字が。

中にはあの匂いが好きだという人も居るかもしれないのに、「臭」という字を当てたのは少しやり過ぎな気がします。

確かに一般的に男の方が臭うのは事実なのかもしれません。でも今は、例え99.9%ほぼ全ての人にとってそうであっても、「決めつけるなんて偏見だ、男女差別だ」と騒がれる時代なのです。

「一般的に臭い人が多い」とか「大多数の人が臭い」程度の確率で「男 = 臭い」と断定しているような表現を使ってしまうと、性差別だと叩かれるのは容易に想像がついたのではないかと思いますが…。

性差別というある意味アンタッチャブルな領域に一石を投じようという固い決意でやった事ならまだしも、こうして話題に取り上げられる事を狙っただけの販売戦略だとしたら、相当リスキーな宣伝方法ですね。



April 5, 2014

CMerTVの音声付き動画広告。 音量をオフにするには?

最近、良くも悪くも少しずつ認知されてきているCMerTV(シーマーティービー)。

先日偶然通りかかったCMerTVの本社。
この会社が提供しているサービスは主に2つあります。

① CMerTVのサイトにアクセスすると、色々なテレビCMを見られる。
② サイト閲覧と同時に音声付で再生される広告動画を各種サイトに埋め込む。

①は自分の意思で見に行くのだから良いと思います。わざわざ自分から時間を割いてテレビCMを見たいかどうかは別として。

問題は②です。
閲覧者の意思にかかわらず、音声付で勝手に動画が始まります。そして動画には停止ボタンもなく、突然の音にパニックになったユーザーが動画周辺をクリックすると、広告主のページへ飛ばされるという仕組みです。

僕が初めてこれに遭遇したのは、雑誌DIMEの公式サイト「@DIME」。アクセスした瞬間に突然音声付きの動画が始まり、驚きよりも腹が立ちました。

動画はFlashで配信されており、次回から音声をオフにするなどの設定も出来ません。それどころか音声オンを売り文句にして広告主を呼び込んでいるようです。


音声オフの方法はないものか。調べてみると、Lonely Mobilerさんに動画広告を再生させないようにする方法が書かれていました。

C:\Windows\System32\drivers\etcにあるhostsファイルに以下を追記することで、CMerTVのホスト名を適当なIPアドレスに変えてしまえば良いようです。

127.0.0.1 an.cmertv.com
 
後はファイルを保存するだけです。(システムファイルなので変更は慎重に)


この方法が理解出来なかった方は、残念ながらPCの音量をミュートしておくこと位しか今のところ対応策はなさそうです。

今後、この動画広告はスマホにも導入されるようです。
迷惑メール等と同じで、大多数の人が嫌がっていてもごく少数の人が釣れれば良いという考えでやっているのであれば、巧妙で悪質ですね。




March 5, 2014

ザッケローニのKIRIN FIREのCMがかっこいい!

アルベルト・ザッケローニのKIRIN FIREのCMがカッコいいです。



もう一度人生をもらえるとしたら、
二十歳の時に病気で諦めた、サッカー選手を目指すだろう

でも、もう一度監督をやる必要はない
なぜなら、この人生で私は、全てを出し切るからだ

 
アルベルト・ザッケローニ


若干20歳での現役引退。
その辛い経験が、常に批判にさらされ続ける
監督という職業での成功に繋がったのかもしれませんね。
 



March 1, 2014

「Bloggerの利用規約に違反している」とブログをロックされた場合の対処法

先日、自分で当ブログへアクセスしたら、「このブログはBloggerの利用規約に違反しているため、投稿者のみが参照できます」というメッセージが表示され、ブログがロックされて見れない状態になっていました。
 

 
心当たりが全く無かったので原因が分からず、困惑しつつもBloggerのダッシュボードを見てみると、「Blogger のマルウェア予防ロボットが、読者のコンピュータに被害を与える可能性のあるアクティビティをブログで検出しました」との事。

ダッシュボードを見たらロックされていました…。
 
何やらめんどくさそうな予感が…。

問題のコードを削除してGoogleウェブマスターツールから[審査をリクエスト]をクリックすればGoogleにて確認します、という趣旨の事が書かれていたのでやってみました。

ウェブマスターツールの「セキュリティの問題」のタブを見てみると、マルウェア検知ロボットに怪しいと疑われたページの一覧が表示されていました。

一覧がcsvファイルでダウンロードできたので、一つずつ見てみると、どうもabu-farhan.com(Blogger用のウィジェット・カスタマイズ方法を紹介している海外のサイト)で入手したページナビゲーションのスクリプトが犯人扱いされているようでした。

急いでスクリプトを削除し、[審査をリクエスト]をクリックしたところ、「24時間以内に確認します」というような表示が出たので、しばらく放置。

翌朝、「セキュリティの問題」のタブを見てみると、「セキュリティの問題は検出されませんでした。」という通常表示に戻っていました。

通常表示に戻って一安心。

やれやれ、一件落着…。

と思ったのも束の間、ダッシュボードを見てみるとまだブログはロックされたままでした…。

やはりこの手のトラブルは一筋縄ではいきません。意図的なのかと疑ってしまうほど対処法が分かりにくいです。

という事で、自力で解決するのはここで断念。Webで調べたところ、別途Bloggerへロック解除の申請を行う必要がある事が判明。

http://www.blogger.com/unlock-blog.g?lockedBlogID=xxxxxx にアクセスしてロック解除の申請を行ったところ、約2時間でロックが解除されました。

xxxxxxには自分のブログのID(ダッシュボードのURL https://www.blogger.com/blogger.g?blogID=xxxxxx の最後の部分と同じ)が入ります。

ちなみに、この間Googleの検索結果には表示されなくなっていましたが、ウェブマスターツールのFetch as GoogleからURLをインデックスに送信しておいたら(そのお陰かは分かりませんが)翌朝にはインデックスされていました。

今度こそ一件落着です(笑)





February 8, 2014

自動運転車が普及すると渋滞激増!!

最近何かと話題の自動運転車。ドライバーが運転しなくても自動で走る、という素晴らしい技術ですが、都心では更なる渋滞の原因となりそうです。


例えば、片側2車線の首都高。

左車線を60km/hでのんびり走るクルマがいて、追い越し車線は100kmで順調に流れているとします。そこへ左車線を80kmで走るクルマが来ると、60kmのクルマを追い抜こうとして追い越し車線に出てきます。
大抵の場合は追い越し車線の空気が読めず、そのまま80kmで追い越し車線をチンタラ走り始めるか、頑張ってもせいぜい90km。後ろに連なるクルマは当然ブレーキを踏むことになり、このブレーキの負の連鎖が渋滞を巻き起こします。

おそらく、自動運転車は前のクルマを追従する設定になっているはずです。つまり、低速(この例では60km)で走るクルマがいると、その後ろに自動運転車の列が出来ます。これが「第一の渋滞」です。

次に、その第一の渋滞に耐えかねて隣の追い越し車線に出ようとするクルマが増えます。この過程で更なる渋滞の発生を避けるには、追い越し車線に出てくる前に100kmに到達している事が必要ですが、自動運転車にその機能が搭載されていない場合は、追い越し車線に「第二の渋滞」が発生し、2車線共に渋滞してしまいます。

自分のレーンの流れを読むことは自動運転車でも容易に出来るでしょう。車載レーダーで前と後ろのクルマの速度を検知すればいいからです。しかし、隣の追い越し車線のクルマの流れを正確に把握するには、高精度GPSやクルマ間の通信などで前後左右全てのクルマの位置情報・車速を正確に把握する必要があります。普通車と自動運転車が混在する当面の間はこれを実現する事は難しく、第二の渋滞が発生してしまいそうです。


そして、最悪のシナリオは、法定速度を超過できないように自動運転システムに速度リミッターを組み込む事が義務付けられた場合です。

普段は空いている道路が渋滞しているので何事かと思ったら、法定速度で走るパトカーが渋滞を引き連れて走っていたという事が今でも良くあります。これと同じ事がそこらじゅうで起きるのです…。

法定速度を守る事は重要ですが、状況や空気を読まずに遵守すると、不要な渋滞が増えてしまいます。(関連過去記事:国家公安委員長が交通違反取り締まりに「おかしい」と苦言

法定速度を改定しようとする動きも出るかもしれませんが、法定速度の低さが渋滞の原因になっている事を国が認めるのは、自動運転車の普及よりも遅いでしょうから、その間は渋滞が増加します。

万が一改定されても、標識や道路のペイント塗り替えで莫大なお金がかかりますし、そのための工事でまた渋滞します。

さらには、工事にかかる費用を捻出するため、交通違反の取り締まりが余計厳しくなるかもしれません。

考え出すとキリがないですが、渋滞、渋滞と書いていたら憂鬱になってきたので、今日はこの辺にしたいと思います(笑)




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...